スポンサードリンク ファーストピアス ピアス ピアス穴あけ

ファーストピアス ケア

ファーストピアスのケア

ファーストピアスケア

ホールのケアは洗浄だけというのが主流になって来ています。

その理由として考えられるのは消毒薬の残りが雑菌繁殖を問題にしたではと思います。


ファーストピアスの消毒薬を穴が完成されるまで約1ヶ月の間は、病院によって違いがありますが、
長期間に渡り消毒薬を使用の影響でホールが負けてしまいトラブルを起こしてしまうことがあることです。

皮膚トラブルをおこさないようにするには、消毒用ジェルのほかには薬用の石鹸を使用します。
肌の個人差を考えて、なるべく低刺激の石鹸を選ぶようにするといいでしょう。

 
また、ファーストピアスの消毒薬を使うには注意があります。
 
軟膏、ジェルタイプでのファーストピアス消毒は拭き残しを取ることができず、消毒薬がホールに残りやすく、そこに皮脂が溜まりトラブルの原因を作ります。


使用するならファーストピアスは消毒液のタイプです。

こちらも消毒後水分をホールの根元にのこさないように注意が必要ですが、乾燥しやすい為
ファーストピアスのケアはしやすいと思います。

ホールを常に乾いた状態にしておくことが、とても大切です。


毎日の洋服の着脱、ヘアーブラシッング、入浴中、それと就寝時は
ピアスに引っ掛けないよう気をつけて下さい。


ファーストピアス 穴あけ

穴あけ−ピアッシング

ファーストピアス穴あけ


ファーストピアスピアッシング(穴をあける事)は、
身体に傷ができる事を意味しています。

ですから、ファーストピアスをすることは多くの危険が伴います。
ピアッシングしたばかりの穴には、雑菌が入ったり、皮膚がただれたり、
膿が出たりすることがあります。
ピアスの穴をあけるときは医療機関に依頼するようにしましょう。


自分でファーストピアス、または友達の手を借りて安全ピン、
画鋲、布団針等で空ける方もいるようですが、衛生面など考えても
危険です。
実は、ピアスの穴あけは医療行為なんです。

また、安全ピン、画鋲、布団針等は、どんなに消毒しても、
完全に除菌する事は出来ませんし、ピアスを空けるのにも
向かず、皮膚トラブルの原因になります。

医療機関で使われるピアッサー、ピアスガンは、滅菌処理されています。
滅菌されたピアッサーならば、ファーストピアスによって、
皮膚のトラブルや発熱、感染などの心配はありません。

 
せっかく美しく自分を飾るためのファーストピアスですから、
後悔するような思いはしたくないですね。

だからこそ、費用は掛かりますがピアスの穴あけで
失敗しないためにも医療機関をおススメします。

ファーストピアス 孔

ファーストピアスの孔

ファーストピアス

ファーストピアス孔をあけて、ピアスを装着したら、あとは孔が
完成するだけだと思っていませんか?
安心するのは早いですよ!


ファーストピアスの成功は後の管理がとっても大切です。
ピアス孔が安定するまでは閉じやすいため、
ファーストピアスを装着したままで管理することになります。

ファーストピアスをはずさず清潔に保つことは難しいですので、
病院で教えてもらった管理方法を守ってくださいね。

ファーストピアスの孔は、傷口と同じですので乾燥させることが、
一番大事です。
消毒は乾きやすい液体のものが良いと思います。

また、ファーストピアスをつけたままシャワーを浴びたり、
汗をかいたままにするとはジクジクと湿っぽくなり、
バイ菌がつきやすく環境になります。
寝ている間に圧迫されていたり汗をかいたりしています。


あと、ファーストピアス穴が閉じないように、ピアスの軸ごと
かたまらないように、前後左右に回転を加えて動かすことも大事です。



ファーストピアスをはずせるようになるまでの目安は1ヶ月と言われますが、
浸出液が出ていないこと・孔の皮膚の完成を確認してからです。

もし、ファーストピアスによって、化膿や炎症などの症状があれば、
すぐに病院を受診してください。
ファーストピアス孔をつぶさずに治療する方法もあります。

1 2 >>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。